スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

就活カフェサービスの台頭・有名大学至近の無料カフェの功罪


JUGEMテーマ:就職活動
「有名大至近、学生限定」の無料カフェが急増「就活だけじゃない」。企業スポンサーが殺到する本当の理由
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20150430/280608/?n_cid=nbpnbo_nbotw_top&rt=nocnt

非常にうまいサービスだと感じた。
「スマホが充電できて無線LANも使え、無料でコーヒーやオレンジジュースが飲める」。お金のない大学
生にとって夢のようなカフェが増殖中だ。店名は「知るカフェ」。学生の間で今、注目度が急上昇している。
有名大学の目の前にこうした店を出し、就職活動時に「自社のことを知って欲しい」という企業のスポンサー費用で運営している、という。

私自身も人事部にいた経験があるので、いま私が採用担当者だったら、こちらから電話して申込していると思う。

学生・企業ともに、リクナビやマイナビ等の大手サイトでの大量登録・大量採用にいい加減飽きている、疲れているところがある。
リクナビ・マイナビもオプションなしの基本料金でも100万円単位からお金がかかり、その後のエントリー管理やメルマガ配信・スカウト等のチケット購入でも多額の費用と労力が掛かる。
それだけのコストをかけても、多くの競合他社がいるなかで、中小企業に応募する学生は少なく、一方で大手企業ではさばききれないほどの学生のエントリーがあり、学歴で判断せざるを得ない状況になってしまう。
学生にとっても、簡単に検索・応募ができる反面、多額の広告料を払って見栄え良く、上位に検索される企業にどうしても集中し、また大量の情報を収集する手間と労力がかかることは、正直、本来の本分であるはずの学業の時間を削らなければならず、決して効率的なやり方とは思えない。

特に中小企業においては、高学歴人材(決して学歴偏重を良しとするわけではないが、能力の高い人材という意味合いも含め)にアクセスする方法が少なく、獲得する手立てを試行錯誤している。
まして、知名度の低さをカバーするには、自社のサービス・社風・キャリア形成をより丁寧な説明する必要がある。

そのなかで、こうしたカフェに来た学生に対し、少数のアプローチができるのは、非常に面白いサービスだと思う。

一方で、有名大学前だけにこうしたサービスができることの不満はあるだろう。
企業にとってのメリットを考えれば仕方ないことだが、本当に苦労している就活生と、ハイレベルでなくても真面目に長く働いてくれる人材を求める中小企業とのマッチングを、こうしたサービスの広がりで、つなげられないだろうか。



 
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

有料オンラインサロンの是非

JUGEMテーマ:IT事情
人脈も考え方も広がる、社会人の学び場「有料サロン」って何?
http://www.excite.co.jp/News/it_lf/20150408/Hanakuro_20265.html

最近、あるオンライン有料サロンの入会しました。
有料サロンって何?というところから始まるかと思いますが、
ネット上の有名人(ブロガーや何かしらのスキル・人脈・知識を提供できる人)が主催して、月額利用料をとったうえで、
クローズドなグループをFacebook等のコミュニティサイトで作り、そのサロンならではのやり取りをする、といったサービスです。

サロン運営会社はサロンの利用料の一部を胴元として取る、といったプラットフォームを提供しています。

また、サロン主催者の還元率も高く、またホリエモンなどの著名人は月額1万円などでも、500人を超えるユーザーを集めています。

シナプスというサービスが最も有名ですが、そのほかにもいろいろなサービスがあるようです。

こうしたサービスによって、同じ目的を持った人たちが集まることができ、議論を交わすことができる、
またその分野で著名な人との交流ができる、といったメリットが享受できます。

一方で、コミュニティ内の議論が分散してしまう、タイムラインが早すぎてついていけない、あるいはまったく更新されていない、有料サロン内でわざわざやる議論なのか、などの問題も一部起こっているようです。

有料サロンは良くも悪くも主催者側のやる気と力量が問われます。
ファシリテーターとしての役割を担い、議論の収束や各個人へのコメント、他者排除性をなくすなど様々な配慮が必要になってきます。そして、参加者の質を一定に保っていくことも求められるかと思います。

議論の質が悪ければ、わざわざお金を払って、サロンに入る必要はないのです。
かといって、敷居を高くすれば、集まる人も少なくなります。

クローズドなコミュニティで、有益な話題をどれだけ提供できるか、
また、クローズドであることの強みをどのように生かせるか。

そういった視点をサロン主催者はじめ、ユーザー・運営者ともに共有していなければ、よいサービスとして成長していくのは難しいかと。

そういった点では、もちろん運営者側もさまざまなサポートをしているかと思いますが、
他におそらく本業があある限られた時間の中で、こういったサロンを飽きさせず、更新していく、というのは
かなり体力のいる作業だなぁ、といまの主催者を見て思うところなのです。



 
PC | comments(0) | trackbacks(0)

育休後社員への対応の難しさと本人の困惑

JUGEMテーマ:育児
なぜ女性たちは「ぶら下がり社員」になるのか
http://toyokeizai.net/articles/-/67831

東洋経済のウェブ記事から。

育休後に復帰した女性が十分に職場で力を発揮できず、「ぶら下がり」として見られがちになる。
古くから、育休を取って仕事に復帰した人は、そうそう、と自分自身の経験にうなづくこともあるだろうし、逆に今まさにそうしたなかでつらい思いをしている人や、「いや、マジであいつぶら下がってるよ」と愚痴りたくなる人もいることと思う。

それは、女性個人が悪いのではなく、構造的に働く意欲を無くさせる組織・風土に原因があったり、過度な配慮がかえってぶら下がりを生む、等といった考え方が、周囲や上司に求められるところである。

しかし、一方で、実際のところ問題(やコンフリクト)・不満が起こってるよ、という事態をどう考えればいいだろう。
記事中には、下記のような理由を挙げている。
妊娠前から人に仕事を押し付けるタイプの人が、子どもがいることを盾に、以前より迷惑行動を増長させている
ある意味で空気を読まないでいられる人しか、子どもが産めないような、ある種過酷な職場環境である
過剰な配慮を受けたことなどで、「どうせこの会社では評価されない」と投げやりになっている

育休を取った本人は、周囲の理解を得ようと努力・気遣いをしつつ、限られた時間で最大限の仕事の能率が求められ、取られた周囲の側は、これまでと対等に接するなかでも、育児で急に休む可能性や時間に限りがあることを理解して、仕事の配分や分担を考えなければならない。

上記のようなことが、うまく回っていればよいのだが、よほど高い意識のもとでそれが共有されていなければ難しいだろう。

そんなときのとりあえずの措置として挙げているのが、著者の意見である。
・臨時的な雇用を増やす
・臨時的に周囲の賃金を上げる

要は、しわ寄せがいかないようにするための、物的措置である。

環境構築や意識の浸透には時間がかかるので、そういった短期的な解決策は有効だと思う。

だが、それが常態化していてはいけなくて、やはり長期的には複数担当制・生活背景を考慮した人事考課などをはじめ、制度・文化両面での環境構築は必須である。

多様な人材がいる組織で動くことの難しさを、こうした問題のなかで改めて実感するが、そうした困難さを解決することで、雇用が守られ、充分に能力の発揮できる土壌が整うのだと思う。

 
子ども | comments(0) | trackbacks(0)

PTAや保護者会役員への父親参加の是非

JUGEMテーマ:育児

なぜ母親なら“くだらない集まり”に出られるのか
http://mamapicks.jp/archives/52175613.html

本記事では、PTAの父親参加に対する、母親側のステレオタイプを問題視する記事である。

小学校のPTAや保育園の保護者会役員など、男女のともに育児参加する社会、が理想として謳われつつも、
実際には大半は女性が担っていることが現実となっていることが多い。

私自身の経験では、いまの園は父親参加が比較的多い保育園に通わせていることもあって、
保護者会役員で男性がメインで参加する保護者は2割ほどいる。(2割だが、それでも多いほうだと思っている)

保育園なので、男女共働き家庭がもちろん大前提となっており、
役員の仕事や会議はおもに平日の夜、または土日に行われる。

記事中に、PTA役員の会話は「くだらない」ものが多い、とされているが、
あまりその実感がよくわからないところがある。

ほかの保護者の女性と話していても、当然ビジネス慣れしている方が多く、
要領の良さ、議論の進めやすさなど、相手の職業にももちろん拠るところが多いが、
互いに仕事をするにあたって、進めやすいことも多いし、くだらない要素が何か、思い当るところがない。

強いて言うなら、男性保護者どうしもまた、そうした交流の機会があったとき、母親どうしが「くだらない」と思うような話をよくしている。
その「くだらなさ」は男性のパパどうしでしか共有できないものもあるし、母親だけで構成された集まりのなかに父親が入りにくい要因があるとしたら、女性でしかできない会話がある、ということなんだと思う。

それは、男性同士でしかできない会話がある、ことと同様で、察していただきたい部分なんだろうと思う。

男性の育児参加を求める一方で、女性の輪に男性が入ることに抵抗を感じる女性もまた存在する。

問題の解決には、仕事と雑談の切り分けが重要なんだと思う。
「仕事」や「議論」の場においては、男女の別は関係なく、接すればよいと思う。
その時点で反発があるとすれば、そのステレオタイプな概念を積極的に正していく必要がある。

一方で、女性同士の輪に深入りしないスタンスもまた意識しなければならない。
もちろん聞き役として男性が重宝されるケースもあるが、女性同士の悩みや会話についていくところまで、参加することはないし、
そうした場に男性がいる違和感がどこかに漂っていれば、男性側は空気を読んで一歩ひくことが求められるだろう。

なんだか、とても面倒な話ではあるが、感情的なささいな部分が壁として立ちはだかることがある。
そうした壁をいくつか乗り越えて、はじめて男女ともに地域・育児への参加ができるのではないかと思う。

子ども | comments(0) | trackbacks(0)

辺野古に関する報道の少なさについて

辺野古の状況が十分に報道されない状態が続いている。

http://blogos.com/article/104515/

ブログのタイトルその通りの話題ではあるが、twitterではまさに水際で抵抗する市民の様子をタイムラインに流している人もいるが、一般のマスメディアはイスラム国一辺倒で、沖縄で行われているこの工事についてはほとんど触れられていない。

昨年12月の衆議院選挙で唯一自民党が小選挙区で全敗した沖縄だが、結果的にそのことが孤立無援の状況を招いてしまっている。

戦後70年、という節目の年を迎えながら、テロに屈しないという強硬な姿勢を報じる一方で、
地上戦で苦しみ、戦後の基地に苦しんだ沖縄県の住民の感情を踏みにじる行為を行っているという政府の対応の、
どこに反省の弁がみられるのか、ということをもっと批判的に報じることがあってもいい、と思う。

 
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

父子家庭のパパの困難

JUGEMテーマ:育児

以前、ファザーリングジャパンの大会の分科会で、どの会も活発な意見が交わされていたが、
シングルファザーの集まりだけは、重い空気が立ちこみ、様相が深刻だった、という話を聞いた。

父子家庭のパパは最後の最後までSOSを出さない
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO81705450Y5A100C1000000/


日経の記事にシングルファザーの取材の記事が掲載されていた。

父子家庭の問題は一見、シングルマザーの問題と似たような面があるが微妙に直面する問題が異なってくる。

母子家庭の場合、その低賃金や貧困が問題となることが多いが、
父子家庭の場合には、それ以上に育児時間の確保、働き方の見直しが問題となる。

女性も男性もワークライフバランスを取ることの難しさがあり、
皆それぞれ模索しながら、自分の働き方を見つけているのだと思うが、
そうした余裕もシングル家庭には無いくらい逼迫した状況になりかねない。

男性の場合、特に会社や周囲からの理解を得るのが、困難なケースが多いのではないだろうか。
女性の働き方、社会進出についての議論は活発化し、様々な取り組みも実施されているが、
旧来からのジェンダー観から、男性の働き方が見直されるには、まだ道のりは長い。

また、父子家庭の支援をする団体も、母子家庭のそれに比べて少ない。
さらに、その支援を、記事のタイトルどおり、なかなか受けない人も多い。

シングルファザーは、非常の声の小さな弱者であると思う。
こうした小さな声を政治に届け、自分たちの子どもの可能性を閉ざさないための支援を拡充させなければならない。
その中で、今回の掲載記事は、貴重な取材だと思う。

子ども | comments(0) | trackbacks(0)

原油下落でベネズエラで起こっていること

ベネズエラ 原油安で補助金減額

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150123/k10014905041000.html

輸出額全体の95%を原油が占めるベネズエラでは、原油収入の減少に伴って輸入も減っていることなどから各地で品不足が発生し、スーパーなどでは買い出しのために長い行列ができるなど経済の混乱が続いています。

ベネズエラでは原油価格の下落の影響で、深刻な経済危機が起こっている。
これまで、原油に頼ってきた政策の末路と言えなくもないが、生活者の視点で見れば、喫緊の大問題です。
一方、キューバではアメリカとの国交正常化を果たし、経済的な支援への一歩を確実に踏み出している。

こうした危機の中で親米寄りに舵取りをせざるを得ないのでは?とも思うんだけれど、
関係性の近いキューバの動きに、ベネズエラも追随できないだろうか。

日本では、情報を得るところも少なく、関心を寄せている人も少ない。
適切な情報があれば、また個々でも支援できるような窓口があれば(簡単にアクセスできれば)と、
新聞やニュースを垣間見るだけの会社員でも危機に瀕した生活者の一助になるんだけどな。
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

ベビーシッター育児支援事業の廃止について

JUGEMテーマ:育児

ベビーシッター育児支援事業の廃止。
http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/babysitter/26bs.html

子ども
女性の活躍推進・子育て施策の充実、と謳っておきながら、なぜ?という印象。
大手企業を中心に子育て世代の多い企業では、割引券制度を利用しているところが多いのでは。

それによって、共働き世帯の男女でも保育時間外のベビーシッター利用が可能になったり、
会議の延長にも対応できていた面もあるのでは、と思う。
またベビーシッター業界にとっても、こうした補助が受けられなくなるのはかなりの痛手となる。

そのほかの保育事業・次年度以降変わる子ども・子育て支援新制度によって、
ベビーシッター育児支援事業の廃止を補う、とのことだが、
そもそも保育事業で適用されないケースにベビーシッターを利用しているのであって、
その二つは別々のニーズによって運用されていたものではないのだろうか。

このことを報じるマスメディアも少ないのも、とても問題だと思う。

育児世帯のあり方は様々で、多様化している一方で、
柔軟に働くことを支援するべき施策が廃止となっていく現状はもっと議論されるべき問題だと感じる。

http://www.sankei.com/life/news/150110/lif1501100010-n1.html
 
子ども | comments(0) | trackbacks(0)

Life touch note のその後

JUGEMテーマ:IT事情

結局、Life touch  note はほとんど使われることなく、ジャンクとして終わった。
子どものためのファーストPCとして、持たせるくらいにはいいかもしれない、
と思ってとりあえず家の引き出しにしまっている。

液晶の醜さ、が一番ネックになった部分である。
ある意味、カフェで使っていても隣の人に中身をのぞかれにくい、という利点もあるが、
andorid自体の使いにくさもあった。

あの厚みも今では野暮ったさが際立ってしまっている。
軽いのはすごくいいんだけど。

しばらく、このブログはニュース関連ブログとして、シフトチェンジします。
PC | comments(0) | trackbacks(0)

Life Touch Note 買ってみた

 
とにかく値段が下がっていたのを見て、Life touch noteを買ってみた。

使用目的さえ限ってしまえば、本当に使いやすいガジェットだと思う。

これを製品として比べる際に、iphoneやiPadと比べるのは間違っている。
それ等と比べれば、解像度も悪いし、操作性も良くないし、使える機能も限られている。どう見ても見劣りしてしまう。

比較対象として考えやすいのが、ポメラやネットブックだ。
つまり出先での書き物、ちょっとした調べ物を目的とした使い方をする製品として捉えると、その良さが急に際だってくる。

起動がとにかく速い。
ふたを閉じればスリープ状態になり、開けばすぐに立ち上がる。折り畳み携帯と変わらない速さで起動してくれる。

また、それを可能にしてくれるのがバッテリーの持ちの良さ。
このサイズで、1日中フルに活用できるネットブックはほとんど見たことがない。
安心してスリープ状態で持ち歩けるし、家に帰って充電するのも携帯電話と同じ。

文字入力のしやすさにこだわっており、物理キーボードもとても丁寧に作られていて、慣れてくると普段通りのタイピングスピードで打つことができる。

変換にはATOKを備えており、iPhoneでよく感じる変換の際のイライラもない。

そしてアンドロイドOSなので、Evernote、Dropboxといったアプリも利用可能、メインPCとの連携もしやすい。テキストデータをそうしたアプリで送ることもできるし、もちろんメールで送ることもできる。

これだけ書き物のための機能が備わっているガジェットは本当に見たことがない。

解像度の悪さがかなり指摘されているけれど、僕は前からアップル製品の解像度が良すぎることをずっと気にしていました。MacBookを通勤電車で使っていたら、ふつうに隣の人に見られてしまうじゃないか、と。
だから、iPadやMacBookairよりも小さく、見づらい画面のものの方がありがたかった。

そして、これが1万5千円で手に入る、と聞いたらやっぱり買いだろう、と思ったが故の即決でした。この値段でこの機能で躊躇していてはいけない。

この値段じゃなければ買わなかったと思うけど、この値段になって初めてポメラやネットブックとの比較ができ、圧倒的な優位に立っている製品であるという気がします。

とりわけキーボードと起動の速さが本当に気に入っています。
速いし、打ちやすいからこそ、少しの時間が有効に使える。

すごくいいおもちゃを手に入れた気分。すごく嬉しい。


ということで、ライフノートというアプリから投稿しようとしているんだけど、上手くJUGEMのほうに飛んでくれないので、しばらくはameba使っていろいろ試してみます。

PC | comments(0) | trackbacks(0)