<< 父子家庭のパパの困難 | main | PTAや保護者会役員への父親参加の是非 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

辺野古に関する報道の少なさについて

辺野古の状況が十分に報道されない状態が続いている。

http://blogos.com/article/104515/

ブログのタイトルその通りの話題ではあるが、twitterではまさに水際で抵抗する市民の様子をタイムラインに流している人もいるが、一般のマスメディアはイスラム国一辺倒で、沖縄で行われているこの工事についてはほとんど触れられていない。

昨年12月の衆議院選挙で唯一自民党が小選挙区で全敗した沖縄だが、結果的にそのことが孤立無援の状況を招いてしまっている。

戦後70年、という節目の年を迎えながら、テロに屈しないという強硬な姿勢を報じる一方で、
地上戦で苦しみ、戦後の基地に苦しんだ沖縄県の住民の感情を踏みにじる行為を行っているという政府の対応の、
どこに反省の弁がみられるのか、ということをもっと批判的に報じることがあってもいい、と思う。

 
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/7
Trackback