<< ベビーシッター育児支援事業の廃止について | main | 父子家庭のパパの困難 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

原油下落でベネズエラで起こっていること

ベネズエラ 原油安で補助金減額

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150123/k10014905041000.html

輸出額全体の95%を原油が占めるベネズエラでは、原油収入の減少に伴って輸入も減っていることなどから各地で品不足が発生し、スーパーなどでは買い出しのために長い行列ができるなど経済の混乱が続いています。

ベネズエラでは原油価格の下落の影響で、深刻な経済危機が起こっている。
これまで、原油に頼ってきた政策の末路と言えなくもないが、生活者の視点で見れば、喫緊の大問題です。
一方、キューバではアメリカとの国交正常化を果たし、経済的な支援への一歩を確実に踏み出している。

こうした危機の中で親米寄りに舵取りをせざるを得ないのでは?とも思うんだけれど、
関係性の近いキューバの動きに、ベネズエラも追随できないだろうか。

日本では、情報を得るところも少なく、関心を寄せている人も少ない。
適切な情報があれば、また個々でも支援できるような窓口があれば(簡単にアクセスできれば)と、
新聞やニュースを垣間見るだけの会社員でも危機に瀕した生活者の一助になるんだけどな。
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/5
Trackback