<< ぼくたちは上手にゆっくりできない | main | 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

妊娠と学業は両立できる

JUGEMテーマ:社会問題

 

文部科学省がちゃんとしたコメントを出しているのが印象的です。

 

妊娠と学業は両立できる。本人が学業継続を望む場合、受け止めるべき。子育てに専念すべきとなぜ判断したか分からない。周囲の協力を得ながら育児するのは働く女性も高校生も変わらない。

 

私も全面的に賛成です。女子高生であろうと、両立支援がされて然るべきだと思います。

 

一方で、世論的には賛否は分かれているようです。

 

LINEQで、質問があった例としては、「学校のカリキュラムを本人の都合によって変更して卒業を認めるのは問題では?」という主張でした。

 

しかし、杓子定規的に、カリキュラムの変更はできない、と本人の意思を尊重できないほど、ルールを厳格にしなければならないものとも思えず、一方的に休学届を送りつけたことなどは、妊娠したことの懲罰のような対応にも思われます。

 

柔軟なルール適用を行い、生徒一人一人に親身な対応をするといったことを怠ったこと、学校の運営管理上も、結局多くの批判にさらされ学校の評判を大きく下げることになったことなどを思えば、教育者としては稚拙な考えで動いたものと言わざるを得ないと思います。

 

文部科学省がいいことを言っているのが意外ですが、高校生が妊娠することの是非はともかく、実際に苦労する場面も多々あるかと思いますが、だからこそ社会的な側面においては制度、学校、その他地域や周りの大人の支援が必要になるのだと思います。

1年留年して就職となれば、当然キャリア的に不利になりますし、その後の子育てにも大きく影響を与えます。

 

妊娠してしまった以上、次に生まれてくるその子どもの幸せを優先して考えていくことが社会的に求められて然るべきで、高校生である親だけでなく、社会全体でその子どもを見守っていくべきです。

 

そうした子どもに優しい社会であることが、子どもを生みやすい社会であって、禁止事項ばかりでは生きづらいだろうなと思います。

 

 

 

 

 

評価:
境 治
三輪舎
¥ 1,512
(2014-12-16)
コメント:タイトル通りですが、もっと赤ちゃんに優しい国であるべきです。

時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/43
Trackback