<< パートナーはなにをしているのか | main | 妊娠と学業は両立できる >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ぼくたちは上手にゆっくりできない

JUGEMテーマ:映画

ぼくたちは上手にゆっくりできない

岸井ゆきのさんが見たくて、DVD借りました。

「コーヒー」をアイコンに、それぞれ人気の作家が書いた3編のショートムービーを展開。

どれも、特徴的なヒロインが出てくる。
死んだはずの少女、目の見えない女の子、ちょっと変わった同僚。



それぞれの物語は全く別々の物語なのに、どこか統一された世界観が漂っています。
現実とそこではないどこか、それをコーヒーがつないでいます。

「どこで逃げたくなるようなコーヒー、飲んだんですか?」

コーヒーの独特の匂いはときに特別な記憶を思い起こさせることもあるし、覚醒して眠れなくなる夜は長く、不思議な夢を見ることもある。
未熟で不完全な自分が、少しだけカフェインの力で特別になれるような気がする。
でも、その実、不安を押し殺して生きづらさをごまかしているような不器用な自分にも気づく。

上手にゆっくりできない、というタイトルとは逆に、とても上手く役者たちはその不器用さを演じています。

ミニシアター的な作品ではあるけれど、十分楽しめる映画でした。


 
評価:
---
Happinet(SB)(D)
¥ 6,500
(2016-05-03)
コメント:「コーヒー」をアイコンに、それぞれ人気の作家が書いた3編のショートムービーを展開。

レビュー | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/42
Trackback