<< 保育士不足と保育の専門性の向上 | main | パートナーはなにをしているのか >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

保育士不足・求人倍率66倍

保育士獲得競争、アクセル全開 都心の求人倍率は66倍


いや、もうただただすごいな、という印象です。

66倍って。


ハローワークでも実際に保育士求人に溢れています。
かといって、資格要件を下げると、今度は保育の質が下がる恐れがある。

保育園の現場はとても難しい状況に置かれていると思います。


公定価格がきまっている以上、保育園の予算は限られています。

保育士の確保にあたって、一番大事なのは給料だと思いますが、そこの部分がいじれないので、福利厚生面で良くしていくしかない。


保育士にとって働きやすい環境を整えるのに、予算のない状況でやっていくのは至難の業だと思います。

予算があれば、無資格でも事務や補助員を雇って、保育士には保育を専らやってもらって、負担を軽くする、とか、
いろいろできるような気がしますが。

保護者や地域に理解があれば、もっとボランティアを募ってもいいと思います。
それも、なかなか難しい現状だと思いますが、何か力になれたら、と思う人が少しでもいれば御の字だと思います。

個人的には、保育士や保育園の厳しい現状が多くニュースでも報道されるようになり、自分も保育園を利用して、保育士の仕事の大変さ、またすばらしさを知っているので、できることは協力していきたいと思っています。

そうした保護者がもっと増えればなぁ、と思うところです。



 
JUGEMテーマ:育児
保育士 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/40
Trackback