<< 地域限定保育士試験の概要 | main | 【保育士】保育所保育指針より(第2章) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

【保育士】保育所保育指針より要点抜粋

JUGEMテーマ:育児
保育士について調べていると、なかなか面白く、真面目に試験を受けてみようかと検討している。

そこで、原文でいくつか重要な資料をあたってみる。
あくまで、引用程度の抜粋+個人的な註書きとする。

第一章 総則
1.趣旨
(2)各保育所は、この指針において規定される保育の内容にかかる基本原則に関する事項を踏まえ、各保育所の実情に応じて創意工夫を図り、保育所の機能及び質の向上に努めなければならない。

2.保育所の役割
(1)保育所は、児童福祉法第39条の規定に基づき、保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設であり、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することにもっともふさわしい生活の場でなければならない。

(2)保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員(保育士※保育士は名称独占のため、ここでは保育士と明言していない)が、家庭との緊密な連携のもとに、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、用語及び教育を一体的に行うことを特性としている。

(3)保育所は、入所する子どもを保育するとともに、家庭や地域の様々な社会資源との連携を図りながら、入所する子どもの保護者に対する支援を行う役割を担うものである。


(1)は保育所、(2)は家庭、(3)は地域との関係を示している、(4)は省略するが保育士について。


3.保育の原理
(1)保育の目標
保育所は、子どもが生涯にわたる人間形成にとって、極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごす場である。このため、保育所の保育は、子どもが現在をもっとも良く生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うために、次の目標を目指して行わなければならない。(ア)〜(カ)

キーワード:欲求、情緒、健康、安全、人とのかかわり、愛情と信頼感、生命、自然、言葉、体験、感性と創造性

(2)保育の方法
ア〜カ

キーフレーズ:子どもの主体としての思いや願いを受け止める、子どもの生活リズム、自己を十分に発揮できる環境、一人一人の発達過程に応じた保育、相互関係、集団生活の援助、乳幼児にふさわしい体験、生活や遊びを通した総合的な保育、それぞれの親子関係、家庭環境に配慮した適切な援助。

(3)保育の環境
保育の環境には、保育士等や子どもなどの人的環境、施設や遊具などの物的環境、さらには、自然や社会の事象などがある。

ア〜エ

4.保育所の社会的責任
(1)保育所は、子どもの人権に十分に配慮するとともに、子ども一人一人の人格を尊重して保育を行わなければならない。
(2)保育所は、地域社会との交流や連携を図り、保護者や地域社会に、当該保育所が行う保育の内容を適切に説明するよう努めなければならない。
(3)保育所は、入所する子ども等の個人情報を適切に取り扱うとともに、保護者の苦情などに対し、その解決を図るよう努めなければならない。


とりあえず、第一章総則 まで。


http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/hoiku04/pdf/hoiku04a.pdf
保育士 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/29
Trackback