<< 多拠点居住、ナリワイ、そして『フルサトをつくる』こと | main | 日本で家事代行が流行しない理由 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

「しょうぶ学園と高木正勝」ミライの学び舎in淡路島


先日、淡路島で行われた「ミライの学び舎」主催のミライの音楽祭というイベントに参加してきた。

お目当ては、しょうぶ学園otto&orabu高木正勝さんの演奏。

どちらも、素晴らしいライブを披露してくれた。

しょうぶ学園otto&orabuは、知的障害者をはじめ、多くの障害者の利用する施設「しょうぶ学園」の利用者自身とスタッフで構成された音楽ユニットだ。

しょうぶ学園では、単に障害のある人の世話をするだけでなく、彼ら自身に活動を求める。
彼ら自身が行う音楽をはじめ、工芸・アートなどのものづくりを通して、自立支援・地域との関係構築・社会への発信を行っている。

彼らの音楽の魅力は、奇妙な「ズレ」のある不安定な音の重なり、そしてその自由な音の発生を一つの作品としてまとめ、リードする旋律にある。
一つ一つの音の要素が一体となった演奏はとても心に響く、力強い生命力を感じさせるものとなっている。
彼らの描き出すもの、作りだす音は、一般的に見れば下手くそな音だ。
メロディもバラバラ、ヴァイオリンはギィーと不穏な音を鳴らし、リズムもずれていく。
それでも、楽しそうに、力強く歌い、音を奏でる姿と、連なった音の全体は素晴らしいものになる。
彼らの音楽は、とても不思議な体験ができる。

彼らが「普通の日常」から逸脱しているから、こうした音が出せる、というのではない。

彼らはただ、彼らのやりたいように音を出しているだけのようにみえる。
それが普通なのに、定型のメロディに合わせて歌う・弾くことが当たり前になっている私たちの日常の音楽が、彼らの音を新鮮なものにさせている。

しょうぶ学園の活動は以前から知っていたけれど、彼らの音の魅力は実際に、体感しないと分からない、と思っていた。
本当に「すごい」と思える体感できる機会を得て、本当によかった。


一方、高木正勝さんは、美しいメロディを多彩なアレンジを加えて、豊かな音楽を作り出す。
自然と心にすーっと入ってくる故郷のような音楽を感じさせる。

しょうぶ学園の「ズレ」から生まれる音楽と、一見すると対照的なようで、高木さんが作り出す音も、繊細なメロディの底に力強さがあり、大いに揺さぶられる感覚がある。
音楽とは何か、を突き詰めて考え形にしてきた才能ある芸術家が奏でる音は、とても自然な旋律で成り立っている。
「純粋無垢な自然な音楽である」という点が、しょうぶ学園の演奏に通じるものがあるように思う。

両者の演奏を聴いて、とても純度の高い音楽をたっぷり浴びることができた、と思っている。

貴重な体験を与えてくれた、主催者の皆様に感謝したい。

 
ソーシャル | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/22
Trackback