<< Life touch note のその後 | main | 原油下落でベネズエラで起こっていること >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

ベビーシッター育児支援事業の廃止について

JUGEMテーマ:育児

ベビーシッター育児支援事業の廃止。
http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/babysitter/26bs.html

子ども
女性の活躍推進・子育て施策の充実、と謳っておきながら、なぜ?という印象。
大手企業を中心に子育て世代の多い企業では、割引券制度を利用しているところが多いのでは。

それによって、共働き世帯の男女でも保育時間外のベビーシッター利用が可能になったり、
会議の延長にも対応できていた面もあるのでは、と思う。
またベビーシッター業界にとっても、こうした補助が受けられなくなるのはかなりの痛手となる。

そのほかの保育事業・次年度以降変わる子ども・子育て支援新制度によって、
ベビーシッター育児支援事業の廃止を補う、とのことだが、
そもそも保育事業で適用されないケースにベビーシッターを利用しているのであって、
その二つは別々のニーズによって運用されていたものではないのだろうか。

このことを報じるマスメディアも少ないのも、とても問題だと思う。

育児世帯のあり方は様々で、多様化している一方で、
柔軟に働くことを支援するべき施策が廃止となっていく現状はもっと議論されるべき問題だと感じる。

http://www.sankei.com/life/news/150110/lif1501100010-n1.html
 
子ども | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/2
Trackback