<< 大阪都構想の否決。大きな「ムラ」の論理の強さ | main | クラウドソーシングによる就労支援は可能か >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

沖縄の古本屋・市場の古本屋ウララ

JUGEMテーマ:オススメの本

「那覇の市場で古本屋」という本。
こちらはボーダーインクという沖縄の出版社が出している。

ボーダーインクという出版社のことも初めて知った。
沖縄にはこうした独自の出版社をはじめ、県産本、地域独自の本が多数ある、という。

こうした本は、発行部数が少ないこともあり、すでに絶版となっている本が多数あるという。
そのため、ジュンク堂のような大型書店でも拾いきれないほど、点数も多く、新刊では出回っていないという実情もあるそうだ。

著者が大型チェーン店の本屋から、わずか3坪の小さな、市場の雑踏のなかにある古本屋に転身したのもそうした沖縄独特の事情もあるのだろう。
また、それ以上に著者は沖縄独自の本の世界に惹かれていったのだと思う。偶然、前のオーナーがその古本屋を閉めるというめぐりあわせも含めて。

本書を読むと、あまり前面に出るタイプではない著者の性格が、淡々とした日常をつづる文章から感じられる。
日々せわしく人が行きかう市場を、小さな古本屋の女店主が見つめ、描いていく。

沖縄の古本屋のつながりの強さを感じる。
小さな規模の組合、独自の文化の発達した土地ならではの本の流通、そのなかでの協力や共有があって、小さな古本屋を営むことができているのだと。

それは、大型書店の書店員として働いていたときから、本を通して沖縄の人との縁を深め、また沖縄の独特の本屋の雰囲気を敏感に感じ取った著者の人柄と嗅覚が、そのつながりを強くすることを助けているのだと思う。

小さいながらも、真摯に本と向き合い、「本が好き」ということを仕事にしている。

ぜひ、沖縄に行ったときには訪ねてみたい。
 
レビュー | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/18
Trackback