<< Green Drinks@京都KYOCAに参加してみた | main | 沖縄の古本屋・市場の古本屋ウララ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

大阪都構想の否決。大きな「ムラ」の論理の強さ

与えられた環境か、自ら選んだ自由か -大阪都構想が問いかける、もう一つの大事なこと-

都議会議員のおときた峻氏が、賛成の立場で、都構想をブログに寄稿している。
とても分かりやすく、賛成派の主張がよくとおっていて、反対派の疑問にも答えている記事だと思う。

結果として、大阪市は存続、特別区に分割されることはなくなった。

問題点として、
・大阪市は政令指定都市としては大きすぎる
・市の権限が大きいため、府と対立することがある

そのため、
・広域行政は府に一本化する
・特別区に権限を与え、住民サービスは各区に委ねる

都構想の概略は上記のようなことだと理解している。

年代別、性別、地区別の賛否の票数が出ているが、特に気になるのは「地区別」で、わかりやすく、北と南で賛否が分かれている。

大阪的なもの、大阪の文化圏の中心は南にある。
北はビジネス圏として発展し、都市として整備されているエリアであるが、そのぶん大阪に長く住んでいる人、本当に愛着を持った土着の大阪人、は割合として少ないのではないかと思う。

結局のところ、土着の大阪人(高齢世帯も含め)が強かった、ということに尽きる。
橋本市長が中心となって行った維新の改革は、東京に出て外から大阪を眺めたうえで、新たなモデルを建てる、という新参者の改革者の論理だった。

地方に移住すると直面する問題に、地元の人にいかに受け入れられながら生計を立てていくか、といった問題があり、それと似た関係がここにあるように感じられる。

「この村を改革して活性化しましょう!」と若者が意気込んで村人に呼びかけたけど、先祖代々土着の仕事をしてきた村人から反対された、という構図を、大都市レベルで見たのがこの「大阪都構想の否決」ではないか、と感じている。

その意味では、十分に地元の人と仲良くできず、喧嘩ばかりして、新しいビジネスモデルを受け入れてもらえなかった、という橋本氏の政治的な物事の進め方に問題があったといえる。

さて、そのムラは、ゆるやかに衰退の道をたどり、やがて新しい人は入らず、年を取り、人が減り、荒畑が残り、静かにその終わりを迎えていくのだろうか?

いま、大阪も含め、東京以外の、どの「地方」も衰退しないための「維持」でさえ、必死になってその道を模索している。
大阪市の選択は「維持」ということになるが、「維持」するために前に進む推進力を、再び発揮しなければならない。

失敗した若者が去った後のムラの行方に、いい未来が描けるか分からない。

一方で、大阪市民が「守りたかったもの」というのは、大阪の「土着由来の文化」から発信された地方自治であり、外から輸入された制度モデルに基づいたものではない、ということだと思う。

古き良き大阪人の「大阪らしさ」を再考して、そのうえで再建への道を立て直す、今回の都構想の棄却でもう一度大阪らしい地方自治を考えるチャンスが戻ってきた、とも言える。
橋本氏は、その方向性や思想の賛否はともかく、とても大きな熱量をもって、大阪の問題を考えてきた人だと思う。
同じような熱量を持った人たちが前に立ち、そのチャンスを最大限活かしてほしい。
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/17
Trackback