<< パパの公休日 | main | 『がんばらない、だから壊れない。』パブリック空間の曖昧さ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

蔦屋書店梅田に来て思うこと

なぜ「TSUTAYA」が家電店をやるの? 『TSUTAYAの謎』増田宗昭に川島蓉子が訊く

今、この記事を梅田の蔦屋書店で書いています。
無料で使えるwifiがあって、電源があるテーブル席があってとても快適です。

記事中にもあるが、TSUTAYAは既存のレンタル店以外に、代官山蔦屋書店を皮切りに、「ライフスタイルの提案」という新しい戦略で事業展開を進めています。

梅田店も同様に、ライフスタイルの提案型の書店で、ジャンル別の棚のほか、「新しい働き方」「地方で生きるには」等の文脈に沿ったジャンル横断的な棚作りを行っています。

ただ、正直まだ出店したばかりというところも含めて、マイナスの要素が目立つような気がします。

実際に、足を運んでみて、第一印象は「迷う」でした。
文字通り、迷子になります。

スターバックスの店舗とソファー席等のラウンジを中心に円形の本棚が作られており、その円の外側に放射状にジャンルごとの棚が作られていたり、カフェや美容室、アップルストア等が展開しています。

円形の本棚は両面に本が並べられており、すべてを眺めるのに最低でも2周まわらないといけません。
さらに、天井まで伸びる本棚のせいで、奥行きが見えず、ぐるぐる回っているうちに一周しているのかどうか、よくわからなくなります。

「あれ?ここの棚さっきも見たような・・・」
「デザイン系のコーナーはどこだっけ?」
「カフェに戻れない・・・」
等、「本の森のなかに迷いこんた」ような感覚です。

そのため、探している本が見つからない。もちろんそれは狙ったもので「本との偶然性の出会い」を演出しているものだと思われるが、肝心の「本」がどこか見えなくなっているような気がします。

セレクトショップ型の書店も、この規模になるとその並べ方がより一層難しくなるのがよくわかります。

大阪には蔦屋書店の出店以前から、魅力的な本屋は多くあります。

心斎橋のアセンス書店(現在改装中のためアメリカ村が本店として営業しています)、スタンダードブックストア、
京都に足を伸ばせば恵文社一条寺店、等々。

加えて、品ぞろえに関しては、既存の書店としてジュンク堂・紀伊国屋書店など、大型書店が存在します。

蔦屋書店梅田は、その両者を兼ね備えたような店がまえだと思います。

朝早くから夜遅くまで営業しており、大阪駅のビル内、500席の休憩スペースを用意、など、とにかくとても間口が広いので、本を軽く読みたい人や、ショッピング感覚、あるいはあまり本を普段読まないけど、興味がある等といった層にはとても受け入れられるところだと思います。
また、これだけのスペースと集客力があれば、今後面白いイベント企画もできそうです。

やや大衆的な感が拭いきれないところで、本当に本が好きな人にとっては少し受け入れがたい要素を含んだ書店でもあるかと思いますが、単純にいい本もたくさん置いてあるので、時間に余裕があって、膨大な本の迷宮に迷い込んでみたいときには、ぜひ足を運んでみるのもいいかもしれません。

 
時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/14
Trackback