<< はじめての福島学。一地方としての福島の現実を見つめること | main | 蔦屋書店梅田に来て思うこと >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

パパの公休日

子供の1歳の誕生日に有給取得を推奨する「パパの公休日」実施 - P&Gなど

とてもいい取り組みだなぁと思う。

引用の部分、アンケート結果では休みを取りたいけど、取れない、という結果。

周りに意識の高い父親が多くて、忘れがちになるけど、
ふだんあまり子どもと接していなくて、関心が高くなかったとしても、
父親として取りたい、と思う人はやっぱり多いのだと思う。

制度があるだけでも、ずいぶん違ってくると思うので、制度から固めちゃうのはありだなぁ、と思う。
(実際に取れるかは、また別にして)
まだ賛同企業が少ない中、NPOと連携して賛同するだけで、企業の印象も好くなる。
 

父親の69.8%が「子供の1歳の誕生日にお仕事を休みたい」と回答。一方で、「子供の1歳の誕生日に休みを取らなかった父親」は82.3%にのぼる。


公式サイトの動画もとてもいい。
ここまで作られたサプライズでなくても、家族でのんびり一緒に過ごせてくれたらいい、と思う。
そして、1歳の誕生日にはお母さんもすでに働いているケースも多いだろうから、パパの公休日はママの公休日でもなくてはならない。

パパの公休日


子ども | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/13
Trackback