| main | Life touch note のその後 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

Life Touch Note 買ってみた

 
とにかく値段が下がっていたのを見て、Life touch noteを買ってみた。

使用目的さえ限ってしまえば、本当に使いやすいガジェットだと思う。

これを製品として比べる際に、iphoneやiPadと比べるのは間違っている。
それ等と比べれば、解像度も悪いし、操作性も良くないし、使える機能も限られている。どう見ても見劣りしてしまう。

比較対象として考えやすいのが、ポメラやネットブックだ。
つまり出先での書き物、ちょっとした調べ物を目的とした使い方をする製品として捉えると、その良さが急に際だってくる。

起動がとにかく速い。
ふたを閉じればスリープ状態になり、開けばすぐに立ち上がる。折り畳み携帯と変わらない速さで起動してくれる。

また、それを可能にしてくれるのがバッテリーの持ちの良さ。
このサイズで、1日中フルに活用できるネットブックはほとんど見たことがない。
安心してスリープ状態で持ち歩けるし、家に帰って充電するのも携帯電話と同じ。

文字入力のしやすさにこだわっており、物理キーボードもとても丁寧に作られていて、慣れてくると普段通りのタイピングスピードで打つことができる。

変換にはATOKを備えており、iPhoneでよく感じる変換の際のイライラもない。

そしてアンドロイドOSなので、Evernote、Dropboxといったアプリも利用可能、メインPCとの連携もしやすい。テキストデータをそうしたアプリで送ることもできるし、もちろんメールで送ることもできる。

これだけ書き物のための機能が備わっているガジェットは本当に見たことがない。

解像度の悪さがかなり指摘されているけれど、僕は前からアップル製品の解像度が良すぎることをずっと気にしていました。MacBookを通勤電車で使っていたら、ふつうに隣の人に見られてしまうじゃないか、と。
だから、iPadやMacBookairよりも小さく、見づらい画面のものの方がありがたかった。

そして、これが1万5千円で手に入る、と聞いたらやっぱり買いだろう、と思ったが故の即決でした。この値段でこの機能で躊躇していてはいけない。

この値段じゃなければ買わなかったと思うけど、この値段になって初めてポメラやネットブックとの比較ができ、圧倒的な優位に立っている製品であるという気がします。

とりわけキーボードと起動の速さが本当に気に入っています。
速いし、打ちやすいからこそ、少しの時間が有効に使える。

すごくいいおもちゃを手に入れた気分。すごく嬉しい。


ということで、ライフノートというアプリから投稿しようとしているんだけど、上手くJUGEMのほうに飛んでくれないので、しばらくはameba使っていろいろ試してみます。

PC | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://lazyplanet.jugem.jp/trackback/1
Trackback