スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

有料オンラインサロンの是非

JUGEMテーマ:IT事情
人脈も考え方も広がる、社会人の学び場「有料サロン」って何?
http://www.excite.co.jp/News/it_lf/20150408/Hanakuro_20265.html

最近、あるオンライン有料サロンの入会しました。
有料サロンって何?というところから始まるかと思いますが、
ネット上の有名人(ブロガーや何かしらのスキル・人脈・知識を提供できる人)が主催して、月額利用料をとったうえで、
クローズドなグループをFacebook等のコミュニティサイトで作り、そのサロンならではのやり取りをする、といったサービスです。

サロン運営会社はサロンの利用料の一部を胴元として取る、といったプラットフォームを提供しています。

また、サロン主催者の還元率も高く、またホリエモンなどの著名人は月額1万円などでも、500人を超えるユーザーを集めています。

シナプスというサービスが最も有名ですが、そのほかにもいろいろなサービスがあるようです。

こうしたサービスによって、同じ目的を持った人たちが集まることができ、議論を交わすことができる、
またその分野で著名な人との交流ができる、といったメリットが享受できます。

一方で、コミュニティ内の議論が分散してしまう、タイムラインが早すぎてついていけない、あるいはまったく更新されていない、有料サロン内でわざわざやる議論なのか、などの問題も一部起こっているようです。

有料サロンは良くも悪くも主催者側のやる気と力量が問われます。
ファシリテーターとしての役割を担い、議論の収束や各個人へのコメント、他者排除性をなくすなど様々な配慮が必要になってきます。そして、参加者の質を一定に保っていくことも求められるかと思います。

議論の質が悪ければ、わざわざお金を払って、サロンに入る必要はないのです。
かといって、敷居を高くすれば、集まる人も少なくなります。

クローズドなコミュニティで、有益な話題をどれだけ提供できるか、
また、クローズドであることの強みをどのように生かせるか。

そういった視点をサロン主催者はじめ、ユーザー・運営者ともに共有していなければ、よいサービスとして成長していくのは難しいかと。

そういった点では、もちろん運営者側もさまざまなサポートをしているかと思いますが、
他におそらく本業があある限られた時間の中で、こういったサロンを飽きさせず、更新していく、というのは
かなり体力のいる作業だなぁ、といまの主催者を見て思うところなのです。



 
PC | comments(0) | trackbacks(0)

Life touch note のその後

JUGEMテーマ:IT事情

結局、Life touch  note はほとんど使われることなく、ジャンクとして終わった。
子どものためのファーストPCとして、持たせるくらいにはいいかもしれない、
と思ってとりあえず家の引き出しにしまっている。

液晶の醜さ、が一番ネックになった部分である。
ある意味、カフェで使っていても隣の人に中身をのぞかれにくい、という利点もあるが、
andorid自体の使いにくさもあった。

あの厚みも今では野暮ったさが際立ってしまっている。
軽いのはすごくいいんだけど。

しばらく、このブログはニュース関連ブログとして、シフトチェンジします。
PC | comments(0) | trackbacks(0)

Life Touch Note 買ってみた

 
とにかく値段が下がっていたのを見て、Life touch noteを買ってみた。

使用目的さえ限ってしまえば、本当に使いやすいガジェットだと思う。

これを製品として比べる際に、iphoneやiPadと比べるのは間違っている。
それ等と比べれば、解像度も悪いし、操作性も良くないし、使える機能も限られている。どう見ても見劣りしてしまう。

比較対象として考えやすいのが、ポメラやネットブックだ。
つまり出先での書き物、ちょっとした調べ物を目的とした使い方をする製品として捉えると、その良さが急に際だってくる。

起動がとにかく速い。
ふたを閉じればスリープ状態になり、開けばすぐに立ち上がる。折り畳み携帯と変わらない速さで起動してくれる。

また、それを可能にしてくれるのがバッテリーの持ちの良さ。
このサイズで、1日中フルに活用できるネットブックはほとんど見たことがない。
安心してスリープ状態で持ち歩けるし、家に帰って充電するのも携帯電話と同じ。

文字入力のしやすさにこだわっており、物理キーボードもとても丁寧に作られていて、慣れてくると普段通りのタイピングスピードで打つことができる。

変換にはATOKを備えており、iPhoneでよく感じる変換の際のイライラもない。

そしてアンドロイドOSなので、Evernote、Dropboxといったアプリも利用可能、メインPCとの連携もしやすい。テキストデータをそうしたアプリで送ることもできるし、もちろんメールで送ることもできる。

これだけ書き物のための機能が備わっているガジェットは本当に見たことがない。

解像度の悪さがかなり指摘されているけれど、僕は前からアップル製品の解像度が良すぎることをずっと気にしていました。MacBookを通勤電車で使っていたら、ふつうに隣の人に見られてしまうじゃないか、と。
だから、iPadやMacBookairよりも小さく、見づらい画面のものの方がありがたかった。

そして、これが1万5千円で手に入る、と聞いたらやっぱり買いだろう、と思ったが故の即決でした。この値段でこの機能で躊躇していてはいけない。

この値段じゃなければ買わなかったと思うけど、この値段になって初めてポメラやネットブックとの比較ができ、圧倒的な優位に立っている製品であるという気がします。

とりわけキーボードと起動の速さが本当に気に入っています。
速いし、打ちやすいからこそ、少しの時間が有効に使える。

すごくいいおもちゃを手に入れた気分。すごく嬉しい。


ということで、ライフノートというアプリから投稿しようとしているんだけど、上手くJUGEMのほうに飛んでくれないので、しばらくはameba使っていろいろ試してみます。

PC | comments(0) | trackbacks(0)
1